[Japanese/ English]

KEKスーパーコンピューターシステムの紹介

 

高エネルギー加速器研究機構では、 スーパーコンピューターシステムを運用しています。

KEKスーパーコンピューターシステムは、システムA (日立 SR16000 モデルM1)、 システムB (IBM Blue Gene/Q)の2つの計算サーバーを中心とした複合システムです。

システムAは2011年9月1日より2012年1月末までのデータセンターでの運用を経て、 2012年3月1日よりKEKでの運用を開始いたしました。 システムBは2012年4月1日より運用を開始いたしました。

 

システムA

システムAの計算サーバは、日立製作所スーパーテクニカルサーバ SR16000 モデルM1 (7月15日:日立製作所ニュースリリース)です。

以下のような性能を持っています。

 

◆ 総理論演算性能: 54.9 TFlops

◆ 総主記憶容量: 14 TB

◆ ノード数: 56

◆ ノードあたりの理論演算性能: 980.48 GFlops

◆ ノードあたりの主記憶容量: 256 GB

◆ ノードあたりのコア数: 32

◆ プロセッサー: POWER7 3.83GHz

◆ 磁気ディスク装置: 546 TB

 

システムAはノードを単位とした共有メモリ型の並列計算、 ノード間のメッセージ通信によるハイブリッド並列計算を行うことができます。 ノード内コアに対する自動並列化コンパイラを備えており、 広汎なタイプの数値シミュレーションに適しています。

 

システムB

システムBの計算サーバは、IBM Blue Gene/Q です。

以下のような性能を持っています。

 

◆ ラック数: 6 (うち 3ラックは2012年10月稼働開始)

◆ 総理論演算性能: 1.258 PFlops

◆ 総主記憶容量: 96 TB

◆ ラックあたりの性能:209.7 TFlops, 16 TB メモリ

◆ ラックあたりのノード数: 1024

◆ ノードあたりの性能:204.8 GFlops, 16 GB メモリ

◆ 5次元トーラスネットワーク

 

Blue Gene/Q は高速ノード間通信を備え、大規模並列計算に適したアーキテクチャで構成されています。

 

スーパーコンピューターシステムは、本機構の研究に関わる共同研究、 もしくは素粒子・原子核物理学及びそれに関連する分野の共同利用として 研究公募を行っています。 詳しくは「 大型シミュレーション研究」 のページをご覧下さい。

 

 


これまでのシステム

KEKスーパーコンピューターシステム 2006-2011